パワハラの防止 法制化へ

職場でのパワハラを防ぐため、厚生労働省は企業に対して、防止策に取り組むことを法律で義務づける方針を固めました。来年の通常国会への関連法案の提出をめざすとのこと。
防止策をつくって運用する義務が企業にあると明記して、対策に取り組まない企業には、厚労省が是正指導や是正勧告などの行政指導をして改善を求め、それにも従わなければ、企業名を公表することができるとの規定も設ける予定です。

具体的な措置は指針で定められますが、●加害者の懲戒規定の策定 ●相談窓口の設置 ●社内調査体制の整備 ●当事者のプライバシー保護 などを想定しています。
顧客などからの過剰なクレームなども問題になっていますが、いわゆる「カスタマーハラスメント」も企業が取るべき対応を指針で示す考えです。

しかしながら、労働団体等が「パワハラ根絶のためには、禁止規定は不可欠」と強く求めていた「パワハラ行為自体の禁止」は盛り込まれない見通しで、決して十分な対策であるとは言えないと思います。

女性への暴力を考えるシンポジウム
「セクハラの現状と防止対策」

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

セクハラ、DV、性犯罪等の被害が後を絶ちません。
どうすれば誰もが安心して暮らせる社会になるのでしょうか。
私たち一人ひとりは、そしてそれぞれの組織はどのように取り組んでいくことが必要なのかを考えるシンポジウムが大阪で開催されます。

三木は、主に「セクハラの現状と防止対策」について話します。ぜひご参加ください。

~~~
トークセッション「暴力の根絶をめざして」
~安心して支援を求められる社会とは~

第1部 基調講演(雪田樹理さん)
第2部 トークセッション

*三木は、第2部トークセッションで「セクハラの現状と防止」について語ります。

●登壇者:
 雪田樹理さん(弁護士)
 遠矢家永子さん(NPO法人SEAN 事務局長)
 三木 啓子(アトリエエム(株)代表)
●日程:2018年11月14日(水)18:30~20:30
●場所:近畿ろうきん肥後橋ビル(大阪市 西区)
●主催:大阪府、共催 いくの学園、近畿労働金庫、連合大阪
●お問合せ:大阪府 府民文化部 男女参画・府民協働課 男女共同参画グループ

*シンポジウムのチラシはこちら>>>PDF

11月8日(木)18時台
ABC朝日放送テレビ「キャスト」で

11月8日(木)のABC朝日放送の「キャスト」でアトリエエムのセミナーの模様が放送されます。セミナーの他にもパワハラやセクハラの被害を受けた方たちのインタビューも放送されると聞いています。

折しも厚生労働省の労働政政策審議会では、パワハラとセクハラの法制化について、議論がなされています。働く人たちにとって、どのような対策が本当に必要なのかということを、考える機会にもなればと思います。

ぜひご覧ください。

【日 時】2018年11月8日(木)18:15~18:45の間の約10分間
【番 組】ABC朝日放送テレビ「キャスト」

時事通信社の記事は生活面に掲載
ABC放送はキャストで放送

10月19日に開催した「アトリエエムのハラスメントセミナー」には、時事通信社の記者の方と、ABC(朝日放送テレビ)の「キャスト」の番組スタッフの方が取材に来られました。
三木への取材(写真)や講義の様子、また参加者の皆さんにはロールプレイの感想や職場での取り組み等についてインタビューをされました。

連日のように色々な組織でのセクハラやパワハラが報じられる現在、ハラスメントの現状や対応について、メディアが正しく広く伝えてくださることは、社会がハラスメントの取り組みを進めるうえで、とても大事です。多くの方にぜひ観ていただきたいと思います。

時事通信社は、生活面(ライフスタイル面)の記事として、後日全国の新聞社に配信される予定です。記事が掲載されましたら、アトリエエムのHPでもご紹介したいと思います。

ABC放送のキャストは、今のところ11月8日(木)の18時台に放送の予定ですが、まだ確定ではありません。日時が決定しましたら、アトリエエムのHPや三木啓子のブログでお知らせしたいと思いますので、時々チェックしていただけたら嬉しいです。

深刻化するハラスメントへの相談対応と防止対策
メディアの関心も高く、実り多いセミナーに

10月19日(金)の「アトリエエムのハラスメントセミナー」には、様々な立場の方が全国から参加してくださいました。企業の人事担当者、行政機関や大学の相談員、男女共同参画センターの職員、市議会議員、子どもや青少年、LGBTの人権活動に携わっている方等です。

さらに今回は、時事通信社の記者とABC(朝日放送テレビ)の「キャスト」のスタッフが取材に来られました。ハラスメントの現状や対応について、メディアが正しく広く伝えてくださることは、ハラスメント防止の取り組みを進めるうえで、とても重要だと思います。

セミナーでは、相談対応と行為者へのヒアリング、最新の判例、事例の解説、ハラスメントの防止対策などについて丁寧にお伝えしました。ロールプレイやディスカッション、質疑応答を交えながら進めることで、実践的なセミナーとなり、大切な知識を身に着けていただくことができました。

<参加者のアンケートの一部をご紹介します>
●頭の中では分かっているつもりでも、実際にロールプレイを行うことで、より整理ができました。防止策も参考になりました。
●具体的かつ共感できる部分も多く大変参考になりました。ロールプレイをすることで、他の方の対応や他社での話も聞けて良かったです。
●ハラスメントの相談対応としてテーマを絞ったセミナーで、対応方法を深めることができてよかったです。相談員が日頃悩んでいる項目にも焦点をあてていただき、大変勉強になりました。
●職場は男社会で、閉鎖的です。ベテラン男性社員が幅をきかせていることもあり、NOと言いにくい雰囲気です。「飲みにケーション」がまだ大事だと考えられていて、女性社員は場の空気を読んでがまんせざるを得ないことが大半です。今日は多くのことを知ることができました。くり返し学び、正しい知識を身につけたいと思いました。

また次のようなご意見もありました
●大学生の娘と娘の友人の話です。将来に大きな夢をもって高校時代をすごし猛勉強をして希望の大学に入りました・・・が・・・そこで出会う男子学生は「女」を下に見るタイプの人ばかり。女子学生もそれを当然と思う状況がとても辛く耐えがたいと言います。そういう辛い思いをする若者が少なくなるよう、学生に向けた「ジェンダーハラスメント」の啓発方法も学びたいです。

~~~~
私もこのようなセミナーの継続性を改めて強く感じました。
今後もジェンダーハラスメントを初め、あらゆるハラスメントの防止にしっかりと取り組んでいきたいと思います。

鵜久森典妙 写真展「ろくぶて」
西宮の「ギャラリー・サヤ」で10月23日(火)まで

映画プロデューサー・鵜久森典妙さんの写真展「ろくぶて」が西宮の「ギャラリー・サヤ」で開かれています。

鵜久森さんは、30年以上にわたって、ハンセン病問題や核廃棄物、アトピーなどのドキュメンタリー映画の自主製作に取り組んでおられます。
映画製作の傍ら、日常の風景を独特の視点で写真に収めていて、私もいつも楽しみにしています。

今回のテーマは「てぶくろ」。手袋一つひとつに物語りがあり、人生があり、生活がある。街中で偶然出会ったという手袋だけど、それぞれの背景を考えるとワクワクしてきます。

素晴らしい写真展をぜひお楽しみください。

会場の「ギャラリー・サヤ」はなかまの会の作業所であり、お店でもあります。メンバーは毎日手仕事をし、同じスペースで手作り作品を販売しています。雑貨や小物、器などのコーナーや野菜販売コーナーもあります。喫茶(カフェ)もしています。

*****
鵜久森 典妙 写真展 「ろくぶて」
【とき】 2018年10月4日(木)~10月23日(火)土日祝、10/22(月)はお休み
10:00~17:30、最終日は16:30まで
【ところ】 西宮 ギャラリーサヤ 手作りの店 (TEL:0798-34-2039)
 兵庫県西宮市今津山中町7-22
【アクセス】 阪神 久寿川駅 北出口徒歩3分(一つ目の信号を左へすぐ)
阪急、阪神 今津駅 より東へ徒歩8分

パワハラ「間接被害」も深刻
防止策を義務付ける「法制化」が必要

パワハラの被害が大きな社会問題となっている中、同じ職場で行為者(加害者)の言動を見聞きしている人も体調を崩す「間接被害」が新たな問題となって浮上してきています。

私は、随分前からこの点についてもセミナー等でずっとお伝えしてきました。パワハラは行為者(加害者)と被害者という当事者間だけの問題ではなく、周囲の人たちをも含めて「職場環境の問題」、「組織の問題」としてとらえて対応、防止を進めることが必要だと。

最近は「パワハラを目の当たりにしながら何もできない」「怒られている同僚を見ると自分も具合が悪くなる」などの相談が労働局等に寄せられている、と9月25日の神戸新聞でも大きく報じられました。

厚生労働省の労働政策審議会での分科会で「パワハラ対策」の議論が始まっています。防止対策を企業に義務付ける「法制化」をするか、法的強力のないガイドライン(指針)の策定にとどめるかが焦点で、年内に具体案をまとめる方針です。

私は、実効的な法律が絶対に必要だと考えています。

このような最新の情報も含めて、10月19日(金)のアトリエエムのハラスメントセミナーでは、パワハラ、セクハラ等のハラスメントの防止と対応について具体的にお伝えします。

定員までまだ少し余裕があります。ぜひお早目にお申し込みください。

アトリエエムのハラスメントセミナー
「深刻化するハラスメントへの相談対応と防止対策」

●日時:2018年10月19日(金)11:00~16:30(開場10:30)
●会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
●講師:三木 啓子(アトリエエム代表、産業カウンセラー)
●定員:30人(先着順)
●参加費:9,000円(資料代含む)

*チラシ(お申込書付き)はこちら>>>
*詳細はこちら>>>
*厚生労働省の労働政策審議会 (雇用環境・均等分科会(旧雇用均等分科会))はこちら>>>
*神戸新聞(2018/9/25)の記事はこちら>>>

ハラスメントの対応と防止に
アトリエエムのブックレットが好評です

今春の財務省のセクハラ問題以降も、大学、スポーツ界でのパワハラをはじめ、さまざまな組織でハラスメントが起きています。
企業や大学だけでなく全ての組織には、ハラスメントの防止と適切な対応が求められています。

アトリエエムのブックレットは、相談対応、行為者へのヒアリング、セカンドハラスメント、さらには防止対策について、丁ねいに解説しています。
とてもわかりやすいと書店でも好評です。

大阪の「MARUZEN&ジュンク堂書店(茶屋町)」神戸の「ジュンク堂書店 三宮店」で販売しています。
他の書店からでも取り寄せができますので、ぜひお近くの書店や図書館でリクエストをしてみてください。

もちろん、アトリエエムへの直接のご注文も大歓迎です!

ブックレット
vol.1 「職場のハラスメント 相談対応術」(600円)
vol.2 「ハンセン病問題と私たち」(700円)
vol.3 「セクハラ・パワハラ その現状と防止対策」(600円)
vol.4 「『働き方改革』で過労死はなくなるか」(700円)
ハンドブック「ハラスメント 相談員の心得」(500円)

他にもハラスメントについてわかりやすく書いたコンパクトな冊子もあります。
リーフレット
「考えよう!ハラスメント」(300円)
ポケットシリーズ(各100円)
「みんな、まじめに楽しく働きたい」
「セクハラ・プリベント」
「ここが知りたかった!ハラスメントQ&A」
「LGBTを知ろう」

詳細及びチラシはこちらをご覧ください>>>

深刻化するハラスメントへの対応が求められています!
10月19日(金)に大阪で「相談対応セミナー」開催

アトリエエムのハラスメントセミナー
「深刻化するハラスメントへの相談対応と防止対策」

今、連日のように、セクハラ、パワハラに関する問題が報道されています。
組織の担当者には職場内のみならず、他社の人からのセクハラ、パワハラへ等の深刻化するハラスメントへの対応がより求められています。
今回のセミナーでは相談対応の留意点等について、ロールプレイを通して具体的に学ぶと同時に最新の事例や裁判例を交えて防止対策について解説します。
 

*この機会にぜひご参加ください!!

【プログラム】
パワハラ、セクハラ、LGBT、マタハラ 等
①事例解説(講義)
②相談対応(ロールプレイ・実習指導)
③行為者ヒアリング(ロールプレイ・実習指導)
④裁判例解説、防止対策(講義)

●日時:2018年10月19日(金)11:00~16:30(開場10:30)
●会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)4階 大会議室3
大阪市中央区大手前1-3-49 (京阪・大阪メトロ「天満橋」駅から東へ350m)
●講師:三木 啓子(アトリエエム代表、産業カウンセラー)
●定員:30人(先着順)
●参加費:9,000円(資料代含む)
●対象:企業、行政機関、教育機関、個人の方等ハラスメント防止に関心を持っている方
●主催:アトリエエム
●共催:ドーン運営共同体(ドーンセンター指定管理者)
●後援:中央労働災害防止協会、一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団

*チラシ(お申込書付き)こちら>>>
*詳細はこちら>>>

【主催・申込】アトリエエム株式会社
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-4-27-401
info◆atoriem.jp(◆を半角@にしてください)
http://atoriem.jp/
TEL 06-4256-8836 FAX 06-4256-8837

「沖縄」を考える上映会と新聞展
神戸のいちばぎゃらりぃ侑香で

8月6日、広島は原爆が投下されてから73年目の朝を迎えました。9日の長崎原爆投下、日本各地への空襲により多くの尊い命が奪われました。
沖縄では地上戦によって多くの県民が犠牲になりました。終戦後も在日米軍による事件・事故が後を絶ちません。現在も基地をめぐる運動が繰り広げられています。

今年6月23日の沖縄慰霊の日で詠まれた相良倫子さんの詩「生きる」は、とりわけ胸に深く響きました。「平和を守るために、あなたは何をするのだ」と私たち一人ひとりに問いかけている、いえ突き付けられているのだと感じました。

「沖縄」を考える映画と新聞展が神戸の「いちばぎゃらりぃ侑香」で開催されます。この機会に、もう一度沖縄について、戦争について、そして平和についてしっかりと考えてみたいと思います。

【翁長雄志沖縄知事が、8月8日に逝去されました】
辺野古への新基地建設の反対を最期まで貫いてこられた翁長知事に、心より敬意を表すると共に、ご冥福をお祈りいたします。

~~~~
第24回 ゆかりんシネマ 今を語ろう
「ドキュメント 沖縄戦」(記録映画57分)

沖縄戦フィルムフィート運動の会 沖縄戦実写映像総集編

日時 2018年8月12日(日)
 ①11:00~  ②13:30~
 各回20席 要電話予約(残席わずかです。必ず事前にお申込みください)
場所 いちばぎゃらりぃ侑香
神戸市兵庫区神田町38-22
TEL 078-361-5055(11:00~17:00)
参加費 500円
アクセス
JR三宮駅より神戸市バス7系統乗車
JR神戸駅より7,9,110系統乗車
「平野」バス停下車 バス道東へ100m
◆上映会のチラシはこちら>>>

~~~~
「沖縄戦後新聞展」
期間 2018年8月6日(月)~17日(金)11:00~18:00
 琉球新報社編の「沖縄戦後新聞」を展示
 戦後、沖縄では基地をめぐる様々な事件や運動が繰り広げられてきました。しかしそれらは日米両政府の圧力によって、写真や記事は没収され真実が報道がされないまま今日にいたっています。「今なら当時の事件をどう報道するか」という視点で発行された新聞です。
●新聞展のチラシはこちら>>>
~~~~

●上映会と新聞展を報じた神戸新聞はこちら>>>
●いちばぎゃらりぃ侑香のサイトはこちら>>>