「ハンセン病回復者と家族の訴え」
6月30日(土)に黄 光男さんの講演会

ハンセン病問題を描いた映画「国及び地方公共団体の責務とは〜らい予防法と無らい県運動〜」が、今年完成しました。(製作協力/「もういいかい」映画製作委員会)
この映画は、戦前戦後と続いた「無らい県運動」を検証し、ハンセン病回復者と家族の証言をもとに、国及び地方公共団体が取り組むべき課題について描いたものです。

この映画でも証言されている黄 光男(ファン グァンナム)さんの講演が6月30日(土)に兵庫県の西宮中央教会で開催されます。黄さんは、現在裁判中の「ハンセン病家族訴訟」原告団副団長でもあり、ハンセン病の現状の課題と回復者の家族の方たちが経験された問題について話をされます。

重大な人権侵害である「ハンセン病問題」について、私たち自身も正しく理解し、しっかりと考えていかなければならいないと思います。
~~~

<<ハンセン病を正しく理解する講演会2018 関西>>
「ハンセン病回復者と家族の訴え」

◆講演:黄 光男(ファン グァンナム)氏
 ハンセン病家族訴訟原告団副団長
*聴講無料*
◆日時:2018年6月30日(土)14:00~16:30
◆会場:日本キリスト教会 西宮中央教会
 兵庫県西宮市甲風園2-4-15
 TEL 0798-67-4347
◆アクセス:阪急神戸線「西宮北口」駅下車 北改札西出口
 北へ徒歩約6分 すずらん幼稚園
◆主催:公益社団法人 好善社

~~~~
2018年6月27日(水)の神戸新聞でセクハラについての三木のコメントが掲載されました。記事はこちら>>>

「セクハラは重大な人権侵害」と政府が指摘

6月18日(月)7:58に大阪北部を震源地とする地震が発生してから、今日で1週間となりました。
余震はまだ続いており、避難生活を送っている方も大勢おられます。
被害を受けられた皆さまには、心よりお見舞い申しあげます。

また、多くの方からご心配のメールやお電話をいただきました。本当にありがとうございました。
幸いにも三木もアトリエエムの事務所も、大きな被害はなく業務を行っております。ご安心ください。

今の日本は、どこでどのような地震が起こるかわかりません。
皆さまもどうぞくれぐれもお気をつけください。

~~~~

財務省のセクハラ問題」以降もセクハラに関する報道が後を絶ちません。
内閣府の男女共同参画会議では、女性活躍をすすめるために政府が取り組むべき重点事項を決定しました。
セクハラについては「重大な人権侵害」と指摘。セクハラ行為者への厳正な対処、相談窓口の整備などを徹底し、実効性を高めるような対策を検討するとしています。

世界的にも「労働の場でのセクハラを含むあらゆるハラスメントや暴力をなくすための条約」をつくる方針がILO(国際労働機関)総会で決まりました。

この機会に、最新情報を盛り込んだ「アトリエエムのセクハラセミナー」をお考えください。

研修用のDVD「セクシュアルハラスメント」やブックレット「職場のハラスメント 相談対応術」ポケット冊子「セクハラ・プリベント」などもぜひ併せてご活用ください。

*DVDや冊子の詳細はこちらをご覧ください。

国も企業も私たち一人ひとりも
セクハラの認識を考え直す時期

「おはよう朝日です」(朝日放送テレビ)の撮影が5月25日(金)にアトリエエムの事務所で、主に質問にお答えするという形ですすめられました。(写真は、撮影前のカメラセッティングの様子)

28日(月)の「今こそ考えよう!セクハラ問題」のコーナーで三木のインタビューが放送されました。動画や画像は著作権の関係でアップできないので、三木のコメントの概要をお伝えします。

●「このくらい我慢しなきゃ」とか「気にしすぎだよ」というのは加害者あるいは第三者の価値観。受けた人が不快な思いをしているならば、それは明らかなセクハラであると社会全体で認識すべき
●セクハラが人権侵害であるという意識が社会全体でまだまだ希薄
●6割の企業がセクハラ防止策に取り組んでいるが、実際には働く女性の3人にひとりがセクハラの被害にあっているのが現状
●社内の相談窓口に相談をした人はわずか3%、最近は第三者機関などの社外の相談窓口を設けるところも少しずつ増えてきている
●性的な言動やスキンシップは職場で仕事をするうえでは不要
●最近はSNSなどに相手の悪口や画像をアップする「ネットセクハラ」も増加
●被害を受けたときには、記録をとることが大事
●男女雇用機会均等法などが制定されて一見対等な立場が出来つつあるように見えるが、まだまだ日本は男性優位の社会。「管理職は男性がふさわしい」「受け付けは女性の仕事」といった暗黙の意識がまだまだ社会の中に存在している

もし、自分の言動がセクハラだと指摘されたときや相談を受けたときに、どうすればよいか、またセカンドハラスメントやジェンダーハラスメント等についてもお話ししたのですが時間の関係で放送されなかったのは少し残念です。が、とても大切なことなので、「セクハラセミナー」では必ずお伝えしています。

5月23日に開かれた内閣府の男女共同参画会議では、女性活躍をすすめるために政府が取り組むべき重点事項を決定しました。そこには財務省のセクハラ問題を受けて、防止や被害者の保護対策推進が盛り込まれました。現状の対策に加えてさらに実効性を高めるよう新たな対策を検討することも求めています。今後具体的な取り組み方針が決められる予定です。

5月28日には野田聖子総務相兼女性活躍担当相が、法整備の必要性もふまえつつ、まずは再発防止に向けたガイドラインの策定を今国会中に行う考えを発表しました。

国も企業もそして私たち一人ひとりも、セクハラに対する認識と対策を早急に考え直す時期にきていると思います。

「『働き方改革』で過労死はなくなるか」
働き方改革関連法案 強行採決

5月26日(土)に神戸市内で「過労死問題 取材の現場から」とのテーマで、「『働き方改革』で過労死はなくなるか」の著者・中部剛氏の講演がありました。(ひょうご労働安全衛生センター主催)

中部さんは多くの過労死家族の方たちを取材してこられました。なぜ家族は、多大な時間と労力を要する労災申請をするのか、そして労災が認められなかったら、国(労基署)に対して裁判までするのか。そこで一様に語られるのが、亡くなった家族は、仕事で、過労で亡くなったのだということの名誉の回復、そして、「二度とこのような悲劇を起こしてほしくない」との思いからだと言います。その思いをしっかりと受け止め、働き方改革関連法案について考えなければならない、との話に多くの参加者がうなずきながら熱心に聴いておられました。

5月27日(日)の深夜には、「MBSドキュメンタリー映像’18」で「職場で死なせない ~過労死家族の終わらぬ闘い~」が放送されました。過労死家族の方たちからは、「高度プロフェッショナル制度」「残業の上限時間」に対する疑問と強い憤りが語られました。

5月25日(金)には、過労死家族の会の方たちはじめ多くの傍聴者の前で、そして野党が採決反対を訴える中「働き方改革関連法案」が衆議院厚生労働委員会で強行採決されました。

国は2014年に過労死防止対策推進法を制定し、その後毎年11月には全国でシンポジウムを開催しています。法律には、過労死防止は国の責務であると明記されています。「過労死をなくしましょう」と国民に対して一方ではいい顔をしながら、方や一方では過労死を助長する法律を成立させようとすることに怒りを禁じ得ません。

これで「労働者の命と健康を守る」と本当に言えるのでしょうか。「高プロ制度」の削除と「残業の上限時間」の見直しを絶対にしなければならないと思います。

★ブックレット「『働き方改革』で過労死はなくなるか~労働現場の取材から~」のチラシ並びに詳細はこちらをご覧ください。

実効的な「セクハラセミナー」を

調査も謝罪も研修も決して十分ではないまま、うやむやになっている「財務省のセクハラ問題」以降もセクハラに関する報道が後を絶ちません。

5月21日に公表された「メディアにおけるセクハラを考える会」の調査でも、深刻な状況が改めて浮き彫りになりました。
5月2日に公表された日本経済新聞社の調査でも、被害者の6割が「仕事に悪影響を及ぼすから」と相談もできずにいる実態が明らかになりました。

私は、企業等でハラスメント研修をしていますが「セクハラについては、何度も研修をしているので社員はみんな理解しています」という声をしばしば担当者からお聞きすることがあります。

が、本当にそうでしょうか!
みんな理解しているつもり、我が社ではセクハラはない、と思っているだけではないでしょうか。

このたびアトリエエムでは、「セクハラセミナー」のプログラムを刷新しました。社外の人からのセクハラの対応やセカンドハラスメント、初期対応などについて、ディスカッションなどを通して、今まで以上に一人ひとりにしっかりと考えていただく内容にしています。

研修用のDVD「セクシュアルハラスメント」やブックレット「職場のハラスメント 相談対応術」ポケット冊子「セクハラ・プリベント」などもぜひ併せてご活用ください。

~~~~
セクハラ防止についての三木のコメントが放送されます。ぜひご覧ください。
★5月28日(月)朝日放送テレビおはよう朝日です」の「今朝のクローズアップ」のコーナー (7:35頃)

◆三木啓子のコメントが複数のメディアに掲載されました。こちらもご覧ください。
●「朝日新聞」(2018年5月16日)はこちら>>>
●「産経新聞」(2018年5月8日)はこちら>>>
●「NHK-NEWS-WEB」(2018年4月20日)はこちら>>>

「国及び地方公共団体の責務とは ~らい予防法と無らい県運動~ 」
神戸・平野で上映会

ハンセン病問題を描いた映画「国及び地方公共団体の責務とは〜らい予防法と無らい県運動〜」が、神戸・平野の【いちばぎゃらりぃ侑香】で初公開されます。

この映画は、戦前戦後と続いた「無らい県運動」を検証し、ハンセン病回復者と家族の証言をもとに、国及び地方公共団体が取り組むべき課題について描いています。

なかなか観る機会が少ない作品です。

この機会に是非ご覧ください。

~~~~
第23回 ゆかりんシネマ 今を語ろう
「国及び地方公共団体の責務とは〜らい予防法と無らい県運動〜」(52分)

◆日時 2018年6月10日(日)
 ①10:30~  ②13:30~
 各回20席 要電話予約
 <<各回上映後 高橋一郎監督のトークがあります>>
◆場所 いちばぎゃらりぃ侑香
神戸市兵庫区神田町38-22
TEL 078-361-5055(11:00~17:00)
◆参加費 500円
◆アクセス
JR三宮駅より神戸市バス7系統乗車
JR神戸駅より7,9,110系統乗車
「平野」バス停下車 バス道東へ100m

◆上映かいのチラシはこちら180610-chirashi-2

◆詳細は映画製作委員会の「もういいかいのブログ」をご覧ください>>

DVD「メンタルヘルス」が完成!
DVD-BOX(5本組)、3本チョイスも新発売

お待たせしました!
DVD「考えよう!ハラスメント」シリーズの最終章「メンタルヘルス ~セルフケア&ラインケア~」が完成しました!

このシリーズは「20分で知る 研修用DVD決定版」として、とても好評で、多くの企業、行政機関、教育機関、図書館、男女共同参画センターなどでご活用いただいています。
~~~
現在、多様な働き方が進む中で、ハラスメントや長時間労働などのストレスによってメンタルヘルス不調になる人が増えています。うつ病などで苦しんでいる人は100万人を超えているといわれています。

DVD「メンタルヘルス」では、セルフケアを中心にラインケア、ストレスの基礎知識、ストレスコーピング、職場のメンタルヘルス対策等について、イラストやデータを豊富に盛り込んでわかりやすく解説しています。

自分自身の心の健康に気をつけると共に、労働者がモチベーションを高く持ち、働きやすい職場環境にすることが大切です。

~~~
「メンタルヘルス ~セルフケア&ラインケア~」
【解説】 三木 啓子(アトリエエム(株)代表、産業カウンセラー)
【収録時間】 21分 【日本語字幕付】
【販売価格】 2万円、公共ライブラリーでの貸出可
【製作・著作】アトリエエム株式会社 

【CONTENTS】
①自分の変化に気づく~セルフケア~
ストレスの原因/ストレスコーピング(対処法)/リフレーミング(発想の転換)等
②部下の変化に気づく~ラインケア~
行動の変化/管理監督者の役割 等
③ストレスチェックと組織の取り組み
課題と展望/メンタルヘルス対策 等
④防止対策
*チェックシート付

DVDのチラシ(お申込書付き)、予告編、詳細はこちらをご覧ください>>>

~~~~
「考えよう!ハラスメント」シリーズはこの「メンタルヘルス」をもって完成しました。
とてもわかりやすいので、5本セットで購入したいというお声をたくさん寄せていただきました。
そこで、よりご活用していただきやすいように「DVD-BOX(5本組)」として発売することといたしました。

さらに5本のうちからご希望の3本を選んでいただける「チョイスができる3本セット」も同時に発売。

研修、学習会等にぜひご活用ください。

~~~
●「DVD-BOX(5本組)」
特別価格 8万円
*リーフレット「考えよう!ハラスメント」進呈(B5判/20頁)

「チョイスができる3本セット」
特別価格 5万円

~~~
DVD「考えよう!ハラスメント」シリーズ
vol.1 マタニティハラスメント(20分)
vol.2 LGBTを知ろう(20分)
vol.3 セクシュアルハラスメント(18分)
vol.4 パワハラを学ぶ(20分)
vol.5 メンタルヘルス(21分)
【解説】 三木 啓子(アトリエエム(株)代表、産業カウンセラー)
【販売価格】各2万円(税、送料別)公共ライブラリーでの貸出可
【製作・著作】アトリエエム株式会社 

詳細はこちらをご覧ください>>>

「セクハラを絶対に許さない」社会へ

「財務省のセクハラ問題」元事務次官の言動と国の対応に怒りを禁じえません。と共に、被害者に対するセカンドハラスメント、バッシングのひどさに、社会の人権意識の低さとセクハラに対する誤った認識を痛感します。

被害を公表されたテレビ朝日の記者の勇気ある言動に心から敬意を表します。だからといって、名乗り出ない人を責めるものでは決してありません。ここは絶対に誤って読みとらないでほしいと思います。

「自分が被害を受けたことをなぜ言えないのか」と発言した人もいました。他にもそのように思っている人もいるかもしれません。
セクハラは、支配-被支配の関係で起こります。相手を見下す、軽くみているからそのような言動が平気でできるのです。自分が尊重、リスペクトしている相手、また自分の上司、あるいは上司の家族ならそのような言動はできないでしょう。
だからこそ被害者は、自分は尊重される存在ではなかった、ということに深く傷つきます。それを公表するというのは、本当に辛いものなのです。

さらにその後のセカンドハラスメントが被害者をより苦しめます。「担当記者を男性に変えたらいい」と発言した人もいました。
なぜ被害者が自分の仕事や人生を変えなければいけないのでしょうか。変えるべきは、セクハラをした人なのは言うまでもありません。働くことは「権利」なのです。性別に限らず被害者から権利を奪うようなことがあってはなりません。
他にも「はめられた」「犯罪」「ハニートラップ」など根拠のない数々のひどいセカンドハラスメントもありました。

財務省は十分な調査もせずに、福田淳一事務次官の辞任を了承、4月27日には本人からの謝罪がないまま「行政の信頼を損ね、国会審議等に混乱をもたらしている」ということで処分を発表して幕引きをはかりました。これらの対応は、国家公務員のセクハラ防止を規定している「人事院規則10-10」にのっとっても全く適切ではありません。

このような事が繰り返されないためには、誰もがセクハラの正しい知識を持つことが必要であり、そのためには繰り返し啓発・研修を行うことです。研修ではどのような言動がセクハラにあたるのか、ということだけではなく、セクハラが相手の尊厳や名誉、性的自由や働く権利を侵害する重大な「人権侵害」であることを認識し、なぜセクハラが起こるのかを一人ひとりが十分に理解することが大切です。

セクハラの防止には、管理職の男女比率や慣習によるジェンダー・ハラスメント(男女差別)が放置されていないかなどの見直しも必要です。従来の男性主導の仕事の進め方、性別役割分業意識やそれにもとづく組織の在り方の抜本的な見直しも含めてです。

自分がセクハラをしない、受けない、だけでなく「セクハラを許さない」職場、社会にすることが今こそ私たち一人ひとりに求められていると思います。

<<アトリエエムのセクハラ防止5カ条>>
1、 ビジネスとプライベートのけじめをつける
2、 アフターファイブも仕事の一部と考える
3、 性別ではなく、個人の仕事の技能と適正を生かす
4、 雇用形態にかかわらず、全員で取り組んでいく
5、 セクハラ防止がパワハラ防止へとつながる

~~~~
今、複数のメディアから取材を受けています。掲載後にアトリエエムのHPの「メディア」のサイトにアップします。
そのうちの一つ、NHKのwebニュースはこちらです。ご覧ください。(NHK NEWS WEB → News Up)

「『働き方改革』で過労死はなくなるか」
著者 中部剛氏がラジオ関西に出演

4月27日、主要野党が欠席する中「働き方改革関連法案」が衆議院本会議で審議入りしました。労働者にとって、これらの法律が本当に良い「改革」となるのでしょうか。私たち一人ひとりがこの法案について、しっかりと精査し考えていくことが今こそ重要だと思います。

ブックレット「『働き方改革』で過労死はなくなるか~労働現場の取材から~」の著者 中部剛氏(神戸新聞社記者)が4月30日(月・祝)の午前8時頃にラジオ関西に出演します。
現在国会で議論されている「働き方改革」「高度プロフェッショナル制度」などについて話します。ぜひお聴きください。

<ラジオ関西>
2018年4月30日(月・祝)「三上公也の情報アサイチ!」
*午前8時過ぎ位からの出演予定
「ニュース深堀り~働き方改革法案とは」

radiko.jpのサイトでは、リアルタイム並びに過去1週間の番組を聴くことができます。
*特別番組の放送や放送休止のため、番組を変更になる場合がありますので、その折にはご了承ください。

★ブックレット「『働き方改革』で過労死はなくなるか~労働現場の取材から~」のチラシ並びに詳細はこちらをご覧ください。

「あとらんだむ」鵜久森典妙 写真展
神戸の「いちばぎゃらりぃ侑香」で5月11日(金)まで

ド迫力の写真と出会いました!

映画プロデューサー・鵜久森典妙さんの写真展が今年もスタートしました。14回目の個展です。

「あとらんだむ」のタイトルに象徴されるように、写真の一つひとつがとても魅力的で、「日常と異次元」との不思議な世界にいざなってくれます。

素晴らしい写真展をぜひお楽しみください。

*5月1日の神戸新聞で写真展が紹介されました。
*記事(jpg)はこちら>>>

*記事(pdf)はこちら>>>180501-鵜久森写真展-神戸新聞-2

*5月6日(日)には、活動弁士・井上陽一さんによる「活弁ライブ」が開催されます。
1928年(昭和3年)の無声映画「風雲城史」を井上さんの名調子でぜひお楽しみください!①11:00~  ②13:30~
*必ず事前にご予約ください。

*****
鵜久森 典妙 写真展 第14回 「あとらんだむ」
【とき】 4月28日(土)~5月11日(金) 11時~18時
【ところ】 いちばぎゃらりぃ侑香 (TEL:078-361-5055)
 神戸市兵庫区神田町38-22
【アクセス】 JR三ノ宮駅より神戸市バス7系統乗車
 JR神戸駅より7、9、110系統乗車 「平野市場前」バス停下車(バス道東へ100m)