「そのパワー 俺に向けずに 業績に」 ハラスメント対策キャッチフレーズ

「パワハラでなくす信用 部下の支持」「セーフだろ?言い訳するヤツ ほぼアウト!」などのハラスメント対策キャッチフレーズが、厚労省から発表されました。

これは「職場のハラスメントをなくしていこう!」についてのキャッチフレーズを募集して、大賞とネット賞を発表したもので、全国から2,365通(パワハラ部門1,148通、セクハラ部門692通、マタハラ部門525通)の応募がありました。

どれも職場の切実な実態が伝わってきて、読んでいると胸が痛くなってきます。

セクハラ、マタハラの防止は事業主の措置義務であるのに、かけ声だけなのか、残念ながら意識・実態はあまり変わってはいません。

それらに加えて6月かららは、パワハラの防止が事業主の措置義務となります。法律と指針に基づいて、今まで以上にハラスメント防止の取り組みを具体的に進めていくことが必要でしょう。

アトリエエムのセミナーやDVDなどもぜひ積極的にご活用ください。

セミナー(団体研修)についてはこちら>>>

DVDやブックレットについてはこちら>>>

選考に残った各10作品は下記です

<パワハラ部門>

1 そのパワー 俺に向けずに 業績に → ネット賞

2 そのセリフ 鏡の自分に言ってみて

3 その言葉、大事な人にも言えますか

4 指示・指導 思いやり添え パワハラゼロへ

5 パワハラを見て見ぬふりも許すまい

6 パワハラで無くす信用 部下の支持 → 大賞

7 「何が問題なの?」 その自覚の無さこそが問題です。

8 指導だと 思っているの あなただけ

9 あなたのパワハラ 周りはハラハラ

10 気づいてる? それはパワハラ 愛じゃない

<セクハラ部門>

1 セーフだろ? 言い訳するヤツ ほぼアウト! → ネット賞

2 セクハラって言われちゃうのかな、という前置きは、セクハラの始まり。

3 セクハラと 気付いてないのが 問題だ

4 セクハラに大小なくて代償あり。

5 あなたは「このくらい」でも、私はひどく傷ついてるあなたの 「セクハラ」に。。。

6 セクハラの 被害にはない 男女の差

7 それ、あなたの大切な人がされたらどう思いますか?

8 どこまでなら許されるか?思ったあなたは、セクハラ予備軍。

9 セクハラも男女の壁もない職場

10 嫌そうじゃないから?いや、そうじゃないから。 → 大賞

<マタハラ部門>

1 働きたいけど、子供もほしい。どちらもかなう幸せ社会。

2 そのマタハラ、小さな命も泣いている

3 安心は、安産につながる。

4 聴いて、活かして、応援する ー 働くママの声は財産。

5 妊娠して喜んだ。報告して悲しんだ。→ ネット賞

6 新しい 命に優しい 社になろう

7 マタハラを 怒っています お腹の子 → 大賞

8 何よりも まずは伝える おめでとう

9 あなたのひとこと、二人が聞いてます。

10 妊娠を謝罪しないといけない会社、おめでとうと祝福される会社、働きたいのはどっちの会社?

「わくわく アニメ&カレンダー展」
神戸・平野で開催

ドラえもん、龍の子太郎、火垂るの墓、長靴をはいた猫、モスラ対ゴジラなどのアニメのセル画などを展示した「わくわく アニメ&カレンダー展」が神戸の平野で開催されます。

約20年間にわたる「ジブリカレンダー」も展示。
見ているだけで、懐かしいやら楽しいやら。
一人で行くもよし、お子さんやお孫さんと一緒に行くもよし。
日頃の疲れのリフレッシュにいかがでしょうか。

1週間と期間限定の展覧会です。
この機会にぜひのぞいてみてください。

「わくわく アニメ&カレンダー展」
【とき】 2月2日(日)~10日(月) 11時~18時
【ところ】 いちばぎゃらりぃ侑香 (TEL:078-361-5055)
 神戸市兵庫区神田町38-22
【アクセス】 JR三ノ宮駅より神戸市バス7系統乗車
 JR神戸駅より7、9、110系統乗車 平野バス停下車(東へ100mのところ)

*「わくわく アニメ&カレンダー展」のチラシはこちら>>>

パワハラ防止の指針 わかりやすく「ハラスメント2020」を作成

1月15日に厚生労働省から「女性活躍・ハラスメント規制法」の指針が公表されました。昨年11月に、パブリックコメントを募集した「指針(案)」から全く変更はありません。 指針は官報のHPから見ることができます。

アトリエエムは、半年前に法律が制定された時に、それらのポイントをわかりやすくまとめた「ハラスメントノート」を作成して、HPにもアップしていました。

このたびの指針を受けて、それを改訂して「ハラスメント規制法 ハラスメント2020 ~法律と指針の概要とポイント~」(ハラスメント2020)として、わかりやすく作成しなおしました。

下記からダウンロードできますし、ホームページにもアップしています。

今年6月からは法律が施行されます。

職場のハラスメント防止の取り組みを進めるにあたり、ぜひご活用ください。

「ハラスメント2020」(約2M)はこちら>>>

官報のHPはこちら>>>

今年は「職場環境改革」の年に

新年明けましておめでとうございます。

今年6月1日からは大企業に、中小企業には2022年4月1日から「女性活躍・ハラスメント規制法」が施行されます。

一方、昨年末に発表された「ジェンダーギャップ指数」では、日本は153か国中121位でした。
職場ではアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)を払拭して、男女格差をなくすことが益々求められます。

アトリエエムは、今年設立15年を迎えました。
ハラスメントのない職場環境の改革をめざして、より一層頑張ります。

本年もよろしくお願いいたします。

~~~~
昨年も新旧多くの良い映画と出会うことができました。
特に印象に残ったのは下記です。

「主戦場」
監督:ミキ・デザキ/アメリカ/2019年
「存在のない子どもたち」
監督:ナディーン・ラバキー/レバノン/2018年
「第三婦人と髪飾り」
監督:アッシュ・メイフェア/ベトナム/2018年
「i新聞記者ドキュメント」
監督:森達也/日本/2019年
「家族を想うとき」
監督:ケン・ローチ/イギリス・フランス・ベルギー/2019年

今年の言葉は「they」 一方、日本では…

アメリカの辞書出版社メリアム・ウェブスター(Merriam-Webster)が選んだ今年の言葉は、「they」という代名詞でした。英語を話すときに、出生時の性別に関係なく自認する性別を表す代名詞を選ぶ権利を行使する人が増えていて、「she」や「he」の代わりに「they」などが使われています。複数形だけではなく単数形でも使いますが、動詞はareなど複数形のままです。

一方日本では、トランスジェンダーの女性が、女性として生き、女性トイレの自由な使用を求めて、職場の経済産業省を訴えていた裁判の判決が12月12日にありました。
東京地裁は「日本でも、トランスジェンダーがトイレ利用で大きな困難を抱えており、働きやすい職場環境を整えることの重要性が強く意識されている」「国民の意識や社会の変化に照らせば、自ら認識する性別に即して生活する重要な法的利益の制約は正当化できない」として、国に132万円の賠償を命じました。

経産省側が、トイレを自由に使うためには性同一性障害であると他の女性職員に説明することが条件だとした(カミングアウトを強制した)ことは、「裁量権の濫用であり、違法」との判断を示しました。
さらに原告の上司から「もう男に戻ってはどうか」などと言われたことについても「性自認を正面から否定するもので、法的に許される限度を超えている」として違法だとの判決を下しました。

原告の女性は男性として生まれましたが、健康上の理由で性別適合手術を受けておらず、そのため戸籍は男性となっています。しかし女性は性同一性障害との診断を受け、女性ホルモンを投与して女性として生活しています。

原告の女性は、判決後の記者会見で「トランスジェンダーにもさまざまな人がいる。大切なのは人権を重視した対応。他の女性と同じように扱ってほしい」「多くの職場で(改善に向け)前向きに取り組んでほしいです」と語りました。
原告側弁護団の山下敏雅弁護士によると、性的マイノリティの職場環境改善をめぐって下された初の司法判断だそうです。

経産省には、速やかに職場環境の改善に努めてほしいと思います。

その後、原告、被告の双方が控訴しました。
原告の女性は、トイレの使用制限だけでなく、性別適合手術を受けるまで異動がなかったり、他の女性職員と同じ時間に健康診断を受けられなかったりと違法な処遇があったと訴えていましたが、認められなかったためです。

パワハラ防止指針
労政審で決定

パワハラ防止の指針が厚労省の労政審(労働政策審議会)で決定されました。
このブログでもお伝えしていましたが、パブコメの募集期間-12月20日までの1か月の間に寄せられた意見は、1,139件。

寄せられたコメントのほとんどは、指針に否定的で修正を求めるものでした。
私も「パワハラに該当しない例を全て削除すること」「フリーランスや就職活動中の学生に対するセクハラの防止も事業主の措置義務とすること」などのコメントを送りました。

しかしながら、指針(案)から全く修正されることなく労政審で指針が決定しました。
厚労省に確認すると、今後この労政審の決定を尊重して、1月中旬に正式に指針を発表するとのこと。

しかしこの指針で本当にハラスメントの防止につながるのか、はなはだ疑問です。もちろん何ら規制がなかったことから考えると、一歩、いえ半歩前進とはいえるでしょうが。

トヨタ自動車でも三菱電機グループでも、電通でも変わらずパワハラ、長時間労働が続いています。これらの企業でも社内のハラスメントのガイドライン(防止指針)があることでしょう。しかし悲劇は一向になくなってはいません。

各企業では、厚労省の指針を上回るより本当に実効性の高いガイドラインを作ることが必要です。
大企業は、6月1日から法律が施行されます。この機会にぜひ見直しをしてほしいと思います。

指針の詳細(第24回労働政策審議会雇用環境・均等分科会の資料)はこちら>>>

伊藤詩織さんの民事裁判
合意のない性行為と認定

望まない性行為で精神的苦痛を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之さんに1,100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が、12月18日(水)にありました。
東京地裁は、伊藤さんの訴えを認めて山口さんに330万円の支払いを命じました。
また、山口さんは伊藤さんに記者会見や著書等で名誉を傷つけられたとして1億3,000万円を求めて反訴していましたが、名誉棄損には当たらないとして、請求は棄却されました。

伊藤さんが被害を訴えたのとほぼ同じ時期にアメリカで「#Me Too」キャンペーンが始まりました。日本でも財務省のセクハラ問題が発覚しました。今春の性暴力に対する無罪判決が4件相次いだことから「フラワーデモ」が毎月11日に開かれるようになり、12月には全国で30か所に達しました。

性被害を訴えるのは心身共に本当に大きな負担が伴います。公表と同時にネットやあらゆる手段でのバッシングやセカンドハラスメントを受けることがほとんどです。伊藤さんもひどいバッシングを受けて、日本での活動を一時断念せざるを得ませんでした。

この判決を機に、法律、報道のあり方、教育等を変えていくことが大切だと思います。

先日、伊藤詩織さんと「#Ku Too」運動を展開しているグラビア俳優の石川優実さんの対談のイベントに参加しました。二人は「ハラスメントを見聞きしたときには、傍観者にならず介入しようとすることが大事」「暖かい声を広げることが大切」と、穏やかに話されていました。まさにその通りだと思います。被害者へのバッシングやセカンドハラスメントは、加害者に加担することにほかならないと思います。

121位-ジェンダーギャップ指数
日本の「男尊女卑」の風潮は変わらず!?

スイスの国際機関「世界経済フォーラム」が各国の男女格差について調査をした結果を発表しました。
日本は153か国中、121位!
これは過去最低の順位です。G7での最下位は毎年のこと、昨年の110位よりも11位順位を下げました。
指数は政治、経済、教育、健康の4つの分野で女性の地位を分析し、総合順位を決めていますが、日本は特に政治と経済分野での男女格差が大きいのです。

政治は、144位、経済は115位。女性の管理職やリーダーの少なさ、低収入等が響いています。

誰の意識にもあからさまな「女性差別」というものはもしかするとないのかもしれません。
しかしながら「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」というものがまだまだあるのではないでしょうか。
現在、企業に占める女性の割合は、部長級で6.3%、課長級で10.9%です。
10人の男性の中に女性が1人いれば「お人形扱い」、2人いれば「仲たがいさせられる」、3人いて初めて「自分」になれる、という言葉もあります。
3割に達すれば組織は確実に変わっていきます。
セクハラ、マタハラ等の主に女性が被害を受けているハラスメントを防止することにもつながります。

まずは、職場におけるアンコンシャス・バイアスを払拭して、男女格差をなくすことが求められると思います。もちろんこれは、男性だけでなく、女性の意識も変えなくてはならないと思います。

*ジェンダーギャップ指数(The Global Gender Gap Repor)の詳細はこちら>>>

パワハラ防止指針(案)に意見送付を
厚労省がパブコメ募集中

現在、厚生労働省の労働政策審議会で「女性活躍・ハラスメント規制法」の指針が審議されています。

先日指針(案)が公表されました。
それに対するパブコメ(パブリックコメント)を募集しています。
私たち国民の意見を反映させる最後の機会となります。
働いている人にとって、本当により良い指針にするために、多くの人が意見を送ることが大切です。

●期日 2019年11月21日(木)~2019年12月20日(金)
●パワーハラスメント指針(案)についてはこちら>>>
●セクシュアルハラスメント指針(案)、マタニティハラスメント指針(案)等についてはこちら>>>

パワハラ防止 大企業は20年6月1日
中小企業は22年4月1日から義務化

厚生労働省は、10月28日(月)の労働政策審議会で、女性活躍・ハラスメント規制法を施行する日程案を示しました。
パワハラの防止は、大企業で2020年6月1日から、中小企業は2022年4月1日から、それぞれ義務化されます。厚労省が今後政令を定める予定です。

現在、労政審ではパワハラに該当する行為の具体例などを盛り込んだ指針を検討しています。
が、10月29日付けのブログでもお伝えしたように、指針素案は非常にひどい内容です。

今後の労政審の動きに、皆で注目していくことが必要です。