「働き方改革」で過労死はなくなるか
ブックレットvol.4が完成

アトリエエムのブックレットvol.4が完成しました。
誰もが健康で働くために、企業も労働組合も、そして私たち一人ひとりがどのように労働観と職場環境を変えていくことができるでしょうか。
このブックレットをぜひご一読ください。
~~~~
「働き方改革」で過労死はなくなるか
~労働現場の取材から~

過労死、パワーハラスメント、セクシュアルハラスメント、長時間労働、残業代の未払い、不当解雇…。労働に関するニュースが連日のように報道されています。
とりわけ長時間労働、過労死・過労自殺は大きな社会問題となっています。
今、労働現場には「人間性」を取り戻すことが求められています。
著者は「労働」をテーマに長年にわたり現場で取材を重ねてきました。
「人たるに値する働き方」のために、企業も労働組合も、どのように職場環境と労働観を変えていくことができるでしょうか。
それは今まさに私たち一人ひとりに問われている問題でもあるのです。

【販売価格】700円(税、送料別)
【著者】中部 剛(なかべ たけし)
神戸新聞社記者。主にアスベスト(石綿)被害や労働をテーマに取材。過労死防止学会会員。
「忍び寄る震災アスベスト」(かもがわ出版、共著)
【製作・著作】アトリエエム株式会社
<2018年1月発行/A5判/80頁>

【CONTENTS】
第1章 ディーセント・ワーク
第2章 労働現場の実態
第3章 若者の苦境
第4章 なぜ長時間労働が過労死を招くのか
第5章 この国の現状
第6章 過労死を防ぐために

●ブックレットのチラシ(お申込書付き)はこちら>>>
●詳細はこちら>>>

書店でも好評発売中!
●大阪 茶屋町の「MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店」の4F「45・人事労務管理」
●神戸の「ジュンク堂書店 三宮店」の5F
で販売しています。ぜひお買い求めください。

ハラスメントの相談と対応セミナー
最新情報とロールプレイで実践的なセミナーに

1月26日(金)の「アトリエエムのハラスメントセミナー」には、全国から企業、行政機関、教育機関などの担当者の方たちが参加してくださいました。

セミナーでは、主に相談対応と行為者へのヒアリング、最新の判例の解説、ハラスメントの防止対策などについて丁寧にお伝えしました。
今回は特に「マミートラック」等も含めてマタハラの防止とLGBTについてより詳しく最新の情報をお伝えしました。「LGBT」については「SOGIハラスメント」についても理解を深めていただくことができました。
ロールプレイやディスカッションを交えることにより、わかりやすく実践的なセミナーとなり、楽しみながらも大切な知識を身に着けていただくことができました。

休憩時間には参加者同士が楽しそうに話をされている姿も見られ、アトリエエムのセミナーがネットワークを広げる場にもなっているようで、とても嬉しく思います。

<参加者のアンケートの一部をご紹介します>
・ロールプレイも実践的で、とてもわかりやすいセミナーでした。
・わかりやすく、ハラスメントについての理解を深められました。自分自身の意識と知識の底上げをしていきたいし、必要性も感じました。
・ハラスメントの防止は、組織の取り組みとして啓発していかなければならない、と改めて思いました。
・LGBTに加えてSOGIも学びました。今回学んだことを大学の授業でもいかしていきたいと思います。
~~~~

私もこのようなセミナーの継続性を改めて強く感じました。
今後もハラスメントの防止にしっかりと取り組んでいきたいと思います。

職場環境の改革をめざして

「働き方改革」「女性活躍」「1億総活躍社会」などが連日報道されています。しかし、働く人たちにとって本当に良い職場環境になっているのでしょうか。

厚生労働省では昨年6回にわたる「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」が開催され、12月には4つの対応策が例示されました。
企業の代表からは、ガイドラインの制定にとどめるのが望ましい、との意見が出されましたが、労働団体等からは、パワハラの防止を事業主に義務付ける「法制化」を求める声が高まっています。

また「つらい思いをしているのはあなただけじゃない」『#Me Too』(ハッシュタグ 私も)とセクハラや性被害を訴える声も今大きく広がっています。昨年10月時点でツィートは85か国で170万件にのぼり世界を動かす大きなうねりになっています。男性からも今までの悪しき慣習を変えようと声があがっています。

取り組みがなされる一方で、コミック『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(わけ)』『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』などに多くの共感が寄せられています。パワハラやセクハラを受けていても、声をあげられず辛い思いをしている人がまだまだ大勢いるのが現状です。

誰もが健康で働き続けられる職場になるために、

職場環境の改革をめざして、アトリエエムは今年も頑張ります。
本年もよろしくお願いいたします。

*「長時間労働」のブックレットを1月下旬に発売予定です。
*アトリエエムのHPをリニューアルしました。ぜひご覧ください。

~~~
昨年も新旧多くの良い映画や作品と出会うことができました。
特に印象に残ったのは下記です。
●「残像」監督:アンジェイ・ワイダ/ポーランド/2016年
●「わたしは、ダニエル・ブレイク」監督:ケン・ローチ/イギリス・フランス・ベルギー合作/2016年
●「エル ELLE」監督:ポール・バーホーベン/フランス/2016年
●「彼らが本気で編むときは、」監督:荻上直子/日本/2017年
●「フルメタル・ジャケット」監督:スタンリー・キューブリック/アメリカ/1987年
~~~~~

世界で114位-日本の男女平等
女性管理職を増やしてマタハラ防止を

久しぶりに訪れた仙台は、11月にもかかわらずとても穏やかないいお天気でした。経済産業省と人権教育啓発推進センターからのご依頼で「ハラスメントの最新情報と企業の防止対策」についてセミナーを行いました。

今回は特にマタハラにポイントを置きました。なぜマタハラが起きるのか、どうすれば防止できるのかということをグループディスカッションやロールプレイを通して考えていただきながら、具体的な対応をお伝えしました。とてもわかりやすかった、すぐに自社でも対策を考えていきたい、とのお声をたくさんいただきました。

その夜と翌日には、仙台で長年にわたって活動をされている方々とお会いしました。待機児童の早期解消や政策決定の場への女性参画拡大に取り組んでいる女性議員の方、DVの加害者プログラムを行っているNPOの代表の方、職場でのセクハラ、パワハラ防止の取り組みを進めている女性の方たちなど。2つの仙台市男女共同参画センターも訪問してきました。皆さんの活動の様子をお聴きし、活発な交流ができてとても充実した2日間となりました。

が、そこに飛び込んできた「114位」のニュース。これはスイスの「世界経済フォーラム」が毎年発表している「男女格差報告」です。日本は144か国中114位、昨年の111位よりもさらに順位を下げ主要7か国(G7)で最下位です。

特に政治と経済分野で男性との格差が大きく、経済分野では管理職の少なさなどの問題点が指摘されました。

企業では、今後もっと積極的に女性の管理職を増やして、マタハラ、セクハラ防止の取り組みをさらに進めることが重要でしょう。

アトリエエムの研修用DVD「マタニティハラスメント~女性が安心して働ける職場環境に」(20分、2万円)は、とてもわかりやすいと好評です。ご活用ください。

詳細はこちら>>>

 

「セクハラを看過できた時代は終わった」DVD「セクハラ」「パワハラ」2作品を特別セット価格で

171022-blog先日10月14日に、アメリカの映画芸術科学アカデミーは、俳優たちへのセクハラ疑惑が伝えられたハーベイ・ワインスタインプロデューサーの「会員剥奪」を決定しました。これはハリウッド映画界からの事実上の「追放」を意味します。同アカデミーは「あってはならない問題。セクハラを看過できた時代は終わった」との声明を出しました。

まさにその通りです。アメリカでも日本でもかつては、「たかがセクハラ」と軽く扱われてきた時代もありました。しかしもうそのような意識は通用しない時代になったのです。

とはいうものの日本の現状はどうでしょうか。

私は丁度同じ14日(土)に、兵庫県弁護士会主催のシンポジウム「性暴力と刑法~110年目の改正と課題」に参加しました。

弁護士の角田由紀子さん、 法務専攻教授の島岡まなさん達の非常に示唆に富んだお話しを聞くことができました。

「性暴力」と聞くと、知らない人から突然襲われる、というイメージを持っている人もいるかと思いますが、現実には、職場や学校等の上司、友人・知人等からの被害がとても多いのです。

「職場でのセクハラ」は、言葉によるものから性的関係の強要までさまざまなものがあります。いずれも人権を侵害する許されない行為であり、職場からセクハラを払拭しなければ、これからの組織は存続することすらできない、といっても過言ではないでしょう。

今一度、職場での全社員に対する「セクハラ研修」をしっかりと行うことが大切です。

アトリエエムの研修用DVD「セクシュアルハラスメント」(2万円・18分)をご活用ください。

*11月30日までの期間限定で「パワハラを学ぶ」「セクシュアルハラスメント」の2作品を同時購入の場合は、特別セット価格として3万円で購入していただけます。

「セクハラ」「パワハラ」の研修にぜひお役立てください。

詳細はこちら>>>

多様化するハラスメントへの対応が求められています!1月26日(金)に大阪で「相談対応セミナー」開催

170924-blog「ハラスメントの相談と対応セミナー
~適切な相談対応ができていますか~」

今、職場の担当者には、パワハラ、セクハラに加えて、LGBT、マタハラ等多様化するハラスメントへの対応が求められています。
このセミナーでは、相談対応の留意点、行為者ヒアリング等についてロールプレイ等を通して具体的に学びます。
最新の事例や判例を交えて防止対策についても解説します。 

*この機会にぜひご参加ください!!

【プログラム】
パワハラ、セクハラ、LGBT、マタハラ 等
①事例解説(講義)
②相談対応(ロールプレイ・実習指導)
③行為者ヒアリング(ロールプレイ・実習指導)
④判例解説、防止対策(講義)

●日時:2018年1月26日(金)11:00~16:30(開場10:30)
●会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)4階 大会議室1
大阪市中央区大手前1-3-49 (京阪・地下鉄「天満橋」駅から東へ350m)
●講師:三木 啓子(アトリエエム代表、産業カウンセラー)
●定員:30人(申し込み先着順)
●参加費:9,000円(資料代含む)
●対象:企業、行政機関、教育機関、労働組合、個人の方等ハラスメント防止に関心を持っている方
●主催:アトリエエム
●共催:ドーン運営共同体
●後援:中央労働災害防止協会、一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団

*チラシ(お申込書付き)こちら180216-2-HAseminar-vol.18-chirashi 
*詳細はこちら>>>

【主催・申込】アトリエエム株式会社
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-4-27-401
info◆atoriem.jp(◆を半角@にしてください)
http://atoriem.jp/
TEL 06-4256-8836 FAX 06-4256-8837

高度プロフェッショナル制度と「働き方改革関連法案」

170916-blog9月28日に召集される臨時国会で、労働についての非常に重要な法案が審議される予定です。「同一労働同一賃金」をめざすために「パート労働法」を「パート・有期雇用労働法」と改称するなどに加えて、「高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)」の導入などが一つの法案としてまとめて提出されます。

高プロ制度は「残業代ゼロ法案」「脱時間給制度」「成果型労働」等とも呼ばれており、高専門職で年収が高い人を労働時間の規制から外す制度です。「働いた時間ではなく、成果で評価する」とも言われていますが、「残業や深夜・休日労働をしても割増賃金を支給しなくてもよい制度」です。いわば<労働時間と賃金の関係が切れた制度>であることが重要なポイントです。

長時間労働を防ぐ対策として、「年104日以上の休日取得」等の「健康確保措置」をとることとなっていますが決して十分ではありません。対象者も現在は年収が約1千万円以上となっていますが、変更は法律の改正ではなく厚生労働省の省令で可能となっています。

様々な職場でハラスメントセミナーを実施し、現状を目の当たりにしている三木としては、高プロ制度は働く人たちにとって良い制度とは思えないのです。今後対象者が広がることも考えられ、ますますパワハラや長時間労働が蔓延することにつながるのではないかと危惧しています。

◆「働き方改革関連法案」を検討している厚生労働省の「第140回 労働政策審議会 労働条件分科会」のサイトはこちら>>>

20分で知る「パワハラ」決定版DVD「パワハラを学ぶ」新発売!

170901-DVD-pawaharaお待たせしました!
「考えよう!ハラスメント」シリーズの4作目「パワハラを学ぶ ~基礎から防止対策まで~」が完成しました!

このシリーズは「20分で知る 研修用DVD決定版」として、とても好評で、多くの企業、行政機関、教育機関などでご活用いただいています。

『パワハラを学ぶ』では、パワハラの被害や同僚から相談を受けた時の対応、相手のモチベーションをアップさせる指導法等についてイラストやデータを豊富に盛り込んでわかりやすく解説しています。

このDVDを観て、なぜパワハラが起きるのか、どうすればなくせるのかをしっかりと考えてみてください。
~~~~~~

DVD「パワハラを学ぶ ~基礎から防止対策まで~」
【解説】 三木啓子(アトリエエム㈱代表 産業カウンセラー)
【CONTENTS】
⓵パワハラとは ⓶パワハラの背景 ⓷正しい指導法 ⓸被害を受けたとき ⓹相談を受けたとき ⓺防止対策
【収録時間】20分/日本語字幕付/2017年製作
【販売価格】2万円(税、送料別)<公共ライブラリーでの貸出可>
【製作・著作】アトリエエム株式会社

~~~~
※DVD「パワハラを学ぶ」のチラシ(お申込書付き)はこちら170901-DVD-pawahara-chirashi
※アトリエエムの販売物の総合チラシ(お申込書付)はこちら170801-hanbaibutsu-chirashi
※予告編はこちら(you tube)>>>
※詳細はこちら>>>

セクシュアルハラスメント&LGBT セミナー新プログラムで実り多いセミナーに

170626-blog6月22日(木)の「アトリエエムのハラスメントセミナー」には、今回も大阪のみならず各地から色々な立場の方が参加してくださいました。企業や行政機関の人事担当者、大学教員、社会保険労務士の方です。

セミナーへの参加は、2回目、3回目という方もおられて「毎回新しい知識が得られます」とおっしゃってくださるのがとても嬉しいです。

セミナーでは、今年1月の男女雇用機会均等法等の改正をふまえて、セクハラやLGBTについての最新の事例、情報に加えて、職場や教育機関での今後の取り組みなどについて丁寧にお伝えしました。

特にLGBTについては、メモをとりながら熱心に聴いておられる方が多く、今回のようなセミナーの必要性を改めて強く感じました。

講義に加えてロールプレイやディスカッションをすることによって、楽しみながらも大切な知識を身に着けていただくことができました。

<参加者のアンケートの一部をご紹介します>
・とてもわかりやすいセミナーで、ハラスメントについて理解を深めることができました。
・LGBTへの知識不足を痛感しました。大変良い機会でした。
・セクハラに関しては、以前から研修のテーマ等に取り上げられることが多く、関心も大きいようですが、LGBTについてはまだまだ周知されていないように思います。従業員全員が正しい知識を持ち、皆が働きやすい環境でありたいと思います。
・最近のハラスメントの状況が非常に参考になった。
・色々と新しいお話しを聞かせていただき、ありがとうございます。いつもながら大変勉強になりました。

~~~~~
アトリエエムはこれからもハラスメントの防止に取り組んでいきます。
次回のセミナーは、相談対応を中心とした1日セミナーを開催する予定です。

神戸新聞にも案内が掲載「セクシュアル・ハラスメント&LGBTセミナー」

170618-blog6月22日(木)に開催する「アトリエエムのハラスメントセミナー」。

今回は、ハラスメントの中でも特にセクシュアルハラスメントとLGBTに焦点をあてて、現状や対応、防止対策などについて具体的にお伝えします。

6月14日(水)の神戸新聞でも案内が掲載されました。

この機会にぜひご参加ください。お申込みをお待ちしています。

*チラシ(お申込書付き)はこちら170622-2-(S)HAseminar-vol.17chirashi
*詳細はこちら>>>

~~~~
神戸新聞(2017年6月14日(水))

セクハラやLGBTの対応
職場の現状、課題解説
22日、大阪

職場や教育現場でのセクハラ防止に向けたセミナーが22日、大阪市中央区大手前1のドーンセンターで開催される。兵庫、大阪などの企業、行政機関でセクハラ防止を訴え続ける産業カウンセラー三木啓子さんが講師を務める。

今年1月、雇用機会均等法に基づくセクハラ指針が改正。性的少数者(LGBT)社員へのセクハラも事業主が適切な対応をとるよう明確にされた。

セミナーではセクハラやLGBTについての企業の現状と課題、先進的な事例などを話す。企業や労働組合、関心のある個人などの参加を呼び掛けている。

セミナーは午後1時半~4時半。参加費3千円。定員40人。申込はTEL06/4256/8836、info◆atoriem.jp。
(◆を半角@にしてください)

神戸新聞はこちら170614-(S)kobe-shinbun
~~~
ハラスメントセミナー
「セクシュアルハラスメント&LGBT」

【日時】2017年6月22日(木) 13:30~16:30(開場 13:00)
【会場】ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)4階 大会議室3
大阪市中央区大手前1-3-49 (京阪・地下鉄「天満橋」駅から東へ350m)
【定員】40人(申し込み先着順)
企業、行政機関、教育機関、労働組合、個人の方等ハラスメント防止に関心を持っている方
<定員になり次第締め切らせていただきます>
【参加費】3,000円(資料代含む)
<お申し込み後に参加費の振込み方法をご連絡します>
【講師】三木 啓子(アトリエエム代表、産業カウンセラー)
【主催・申込】アトリエエム株式会社
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-4-27-401
info◆atoriem.jp(◆を半角@にしてください)
http://atoriem.jp/
TEL 06-4256-8836 FAX 06-4256-8837

【共催】ドーン運営共同体
【後援】中央労働災害防止協会、一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団